娘たちのこと

長女は産まれた時から、いつも機嫌が悪かったです。
ずっと抱っこかおんぶ、それでも泣き続ける。
寝かしつけも抱っこかおんぶ。
布団に下ろすとすぐ起きる。少しの物音ですぐ起きる。

初めての子育てなので、赤ちゃんとはこんなものかと観念して育てていましたが、子育てサークルなどで、よその子が抱っこで眠ってしまい床にコロンと転がされてもそのまま眠っていられる姿をみて、衝撃でした。こんな騒がしいところで眠れるの?
そしてコロンと転がしても寝ていられるのーっ?
うちの子、絶対ありえないんですけど!!
慌ててそのお母さんに秘訣を聞いてみるも、産まれた時からこんな感じなんですよ~と。
子どもによってこんなにも違うと知った瞬間でした。

泣き叫ぶ長女を抱っこしてバランスボールに座って、数時間過ごしたこともあります。
夜中もバランスボールに座ってボヨンボヨン…。

お腹がすいてる?眠れない?おむつ?抱っこの仕方が悪い?うるさい?服が気持ち悪い?なぜ泣いているかわからない、ということはとても苦しいことでした。
母親なのに…と泣きたくなることもありました。

月齢が上がっても、1人で機嫌良く遊ぶということとはほとんどなく、機嫌を損ねるといつまでも泣き続ける…。

そんなちょこっと(でもない?)育てにくいながらも可愛い可愛いで育てた長女は、1歳8ヶ月でもうお姉ちゃんになってしまいます。
そこで産まれてきた次女が…天使でした。
私が子育て慣れしたということを差し引いても、全く違っていました。

だいたい機嫌が良いです。
泣く時はお腹が空いた時とオムツが汚れたとき。わかりやすっ!と思いました。
満足すればニコニコになります。
それ以外で泣くなら抱っこすれば、泣きやみます。
布団に転がしてたら、1人で眠れます!
ちょっとやそっとじゃ起きません。
1人でメリー眺めてニコニコしてます!

あまりの違いに愕然しながら、手のかかる(ように思ってしまう)長女と、育てやすい(と思ってしまう)次女との、大変ながらも楽しく幸せな日々が過ぎていきました。

娘たちも成長し保育園に通うようになり、これからどんな風に関わっていけばいいかな?と思っていた時にふと手にしたのが、
0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス という本でした。

この本ではHSCについて簡単に触れてあり、それから詳しく知ったことで、長女がHSCの気質であることを知り、色々なことが腑に落ちていきました。自分もHSP気質であることもあり、長女の気持ちがよくわかる時もあったりしていったのです。
それを知ったことで、楽になった部分はあります。
が、とはいえそれでもなかなか思うようにはいかない毎日です(笑)

天使のようだった次女さんも、現在ではイヤイヤ期真っ最中。
そしてイヤイヤ期がずっと続いているような長女さん。
そんな娘たちとドタバタ格闘しながら、毎日過ごしています。
うちもうちも!なんて、共感して頂ける方がいたら、嬉しいし、ホッとします。

また、読みに来て下さったら嬉しいです!

最近買って、とても参考になった本をご紹介します。

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。
↓ クリックの応援お願いします。

  ◆ 人気ブログランキング ◆ 

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。