行ってきますを伝えたら、
玄関の引き戸をガラガラと閉めて、
庭に植わった植物を眺め、
外階段を走りおりて、
駐車場への200メートルを
空を見ながら早歩き。
付いてくる小さな人たちはいない。


12年前まで毎日繰り返した行動を、
実家からの出勤で久しぶりに体験すると、
なにも変わっていないようで、
12年を一瞬飛ばしたような、
不思議な気分になった。

過去のどこにも、戻りたいと思う場所はない。
振り向けば私の歩いた道だけ見えて、
分岐点があったのかさえわからない。

ところどころが暗闇で、
見たくない道があるのなら、
今いる場所で変えればいい、
過去は今から変えることができるのだ、と、
漠然と心にあった思いを、
はっきり言葉で聞かされて、
また前に進む勇気になる。

幸せになるために、幸せな道を進みながら、
私は、今ここ、に足をつけて立っているのか。
ちゃんと踏みしめて歩いているのか。
確かめながら、もう一度少し後ろを振り返ってみる。

歩いてきた道がある。
戻りたい場所はどこにもない。

これから歩く道も、間違いなんてない。
ただ自分で選んだ道を、歩く。
幸せに向かう道だと、信じている。

いつだってそんなふうに。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!

♡ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
♧ にほんブログ村


このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。
※ 自己紹介はこちらのページをご覧ください