戦意喪失

裸で走り回りながら、
「ありのぉ~ままのぉ~ちゅがたみちぇるのよぉ~♪」
と歌い上げ、
花咲かじいさんのように、
みかんの皮をばら撒きながら、
怒られていても、
「わた~ち~はぁ~じ~ゆうよぉ~♪」
と歌っている次女。

 

本当は何もかも、わかってやってるんじゃないのかと、思わずにはいられません。

姉の体操服を着て、
得意気に玄関で待ってくれてるけど、
頼むから脱いで、泣いてる姉に返してぇー。
そしてあなたはこっちを着てぇ!

機敏に逃げる次女から体操服を脱がして、
それを長女に放り投げ、
怒る次女に服を着せたくも、また逃げられ、
母の選んだ服など着るもんか、
と言うように放り投げられ、
自分でタンスから選んだ服を、
姉に渡し、着せるよう要求し、
姉に着せ方が悪いと怒り、
ようやくなんとか行く準備が整って、
玄関へ辿り着く。

 

早く靴履いてー!!間に合わんー!!
取り乱す母を尻目に、2足ある靴のどちらにするか迷い、
「きょーはね、ちんでれら」(シンデレラの絵の靴)
を選び、シンデレラのように片足を差し出され、
母がしゃがんで履かせようとするも、
何故か左右反対に履くと言って聞かず、
仕方なく反対に履かせ、
いいかげんにしてよ!!と言いたくなったその瞬間。

私の頭を小さな掌でなでなでなでとさすり、
「おかあちゃん、かわいいねえ、おかあちゃん、かわいいねえ」
耳を疑うような甘い言葉をささやかれる。
「えっ?お母さん、かわいい…?かわいいの…?」

完全に戦意喪失。

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。

前の記事

小さなひと

次の記事

一本道