保育園に行きたくない長女

娘達の通う保育園は、幼児(年少・年中・年長)から縦割り保育となります。

年齢別で過ごした2~3才児クラスから、昨年長女は年少となり、縦割りの教室に変わりました。

年齢別クラスの時は、慣れてからは保育園を嫌がることはほとんどなかったのですが、縦割りの教室に変わった昨年の4月から、「保育園嫌だ行きたくない」が口癖となりました。

1ヶ月過ぎ、2ヶ月過ぎ、きっともうすぐ以前のように楽しんで通ってくれるはず、と思いながら…半年が過ぎ…結局1年間嫌がり続けました。

理由は年長と年中に、苦手な子がいるからでした。

今回のクラス替えで、年長さんは卒園でいなくなり、年中さんの苦手な子は別のクラスになりました。今日は長女にとって、待ちに待った新体制のクラスで過ごす初日でした。

お迎えに行くと、娘の顔が穏やかでした。微笑みながら私の所へ来て一言。

「今日保育園楽しかった!」

久しぶりの言葉でした。

よかったねえぇ!お母さんも嬉しいよー!抱き合って喜びました。

こんな娘の一言が、嬉しくて嬉しくてたまらない、母親だと実感できる瞬間。

 

また明日も、楽しい一日になりますように!

よろしければ↓こちらもお読みください!

● 平和な夜のハプニング

● 保育園に行きたがる長女

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。押してくれるとtoshiさんがとっても喜びます!↓↓↓

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。