平和な夜のハプニング

朝、出発時間が押し迫るときの「保育園行きたくない」攻撃ほど、辛いものはありません。

保育園に行きたくない長女の気持ちが、クラス替えによって少し切り替わった様子で、登園時ラクになるのでは…とホッとしていた昨夜のこと。明日もすんなり行ってくれたらいいな!と思っていた時のこと。

 

とっても機嫌の良かった長女さん。

今日はジュースを飲んだから、しっかり歯磨きするーー!!と可愛いことを言って洗面所に向かった長女さん。

妹と共に駆け足で向かった長女さん。

 

 

突然「ギャーーーー!!」と大声があがる。

 

 

壁の角に顔から突撃してしまったらしく、鼻と唇に裂傷。うずくまり、鼻血だして苦しむ長女。

どうして?

どうしてそんなことに?

 

慌てて氷を準備して、抱っこして冷やす。

 

その間うわぁーあーと泣きながらも、状況を説明してくれる。

「あそこでぇーー!ぶつかったあーーー!うわぁーーん!まえみてなかったーーー!うわあぁん!」

 

前見てなかったんやね…吹き出しそうになるのは必死にこらえる…。

 

次女もこれは一大事!と、私たちの周りをクルクル回って「ち!ち!ちがでたー!」とティッシュを持ってきて拭いたり、姉の頭をなでたりしてくれる。

平和な夜から一転して、大騒ぎ。

 

 

そして本日。いつもの慌ただしい朝。

懸念はしていましたが、

起きて自分の腫れた唇と鼻の傷を見て、

 

「こんな顔で保育園行きたくないぃーー!」

 

ですよね…そうなりますよね…。

 

「保育園でどうやってごはんたべたらいいとーー!!しみるー!!」

「保育園でどうやって着替えればいいとーーー!!あたっていたいーー!」

我慢して食べてくれー!!我慢して着替えてくれーー!!と言いたい所を我慢して、

そうよねー、痛いよねぇ、痛かったもんねぇ、がんばったもんねぇ、しみるよねぇ、あたったら痛いよねぇ、先生に言おうねぇ、痛かったって言おうねぇーー、今見たらねーもう治りよるけん大丈夫よーーーうんうん、痛いよねぇー

と言い続け、最後には念仏のように言い続け、

何とか保育園に連れていくことができました。

 

この、思うようにならない毎日を、きっといつか懐かしく思い出すはず…。

笑って思い出すために、今日もなんとかがんばります。

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
toshiさんがんばれー!クリックの応援お願いします。↓↓↓

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。