保育園に行きたがる長女

保育園に行きたくない長女

平和な夜のハプニング

よろしければ↑こちらもお読みください!

 

通っている保育園は、早めに新体制が整い、クラス替えがありました。

縦割り保育のため、4月から年中の長女のクラスに、かわいい年少さんが入ってきました。

 

自分の準備をサッと終わらせて、下の子のお世話をしてくれるんですよ~!と先生が教えてくれ、母娘ともに気を良くする日々。

 

昨年1年間、保育園に行くのを嫌がり続けていた長女でした。なだめたり共感したり抱っこしたり怒ったり怒鳴ったり、時には自分も半泣きで連れて行った日々でした。

その横で能天気な次女ちゃんは、「ほいくえんだーいすき!!」「ほいくえん、たのしいー!」「ねーちゃん、どーちていやなのー?」と言いながら、時には姉のくつを履かせたり、姉のカバンを抱えたりして、協力してくれる頼もしい妹でした。

今朝のこと。

いつものように慌ただしく、

「行くよーー!!靴下履いて玄関集合!!」

の号令をかけると、

「はーい!Sちゃん(年少さん)が待ってるから早く行かなきゃ!」

と長女。

いまだかつて、こんなにすんなり玄関に来てくれたことがあっただろうか…

Sちゃんよありがとう!!長女のクラスに来てくれてありがとう!!喜びいっぱいになりながら「お母さん嬉しいよー」と長女を抱きしめていると、なぜか背中に重い空気を感じる。

振り返ると、顔をうなだれ完全にふてくされた顔の次女が突っ立っている。

 

え?どした?

 

「いや…」

 

え?なにが?

 

「ほいくえん、いや」

 

………はい?

 

「ほいくえん、きらいーー!いかないーー!!たのしくないーー!」

 

いやいや、昨日のお迎え時、1番楽しそうに走り回ってたやん!!先生にもスペシャル笑顔振り撒いとったやん!昨日までほいくえん、だーいすき!言いよったやん!

 

 

そんな、やっぱり思い通りにはならない日々。

そんな今ここ、やっぱり笑って過ごしたい。

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。
次女の気持ちもわかるかもーって方は応援クリックを~(^^)/

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。