絵本の話【1】プロローグ

 

私自身子どもの頃、母親と一緒に遊んだ記憶というのは少ないのですが、寝る前に本を読んでもらっていたことを覚えています。

と言っても、読んでくれながらすぐに寝てしまう母。同じ行を何度も読んだり、時にはお話とは違う言葉をムニャムニャ寝ながら言っていました(笑)

弟妹たちはそのまま寝てしまいますが、私は話の続きが気になって、結局自分で読むようになりました。

その思い出は、私が本を好きになったきっかけの一つになっています。

 

私は子どもと一緒に遊ぶのがあまり上手くありません。

他のお母さんをみていると、楽しそうに子どもと一緒に遊んでいて、子どもも嬉しそうで、羨ましい気持ちになります。

 

そんな母親ではありますが、私が本を読んでもらうのが好きだったので、娘たちに絵本を読むことは続けています。

 

次回はそんな絵本たちの紹介もしてみたいと思います!

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。クリックの応援お願いします。↓↓↓

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。