次女のおねしょ

オムツ外れとおまるの話で、

保育園でもパンツ生活になったことで、完全にオムツ外れ成功かと思われた次女でしたが、やはりそううまくはいきませんでした(笑)

日中はパンツでOKなのですが、おねしょが続き…週に4、5回もシーツ類を洗濯することに…。

パンツを履きたいという気持ちは、尊重したい。
しかしながら毎日のおねしょでは、私の睡眠に支障をきたすため、寝る前にはオムツかパンツを選んでもらうことに。

「今夜はオムツになさいますか?パンツになさいますか?」

出来ればオムツと言ってほしいけど、やっぱり果敢にパンツをチョイスする次女。
そしておねしょ!を繰り返しております。

何度か体験すれば、しなくなるのではと思い、おねしょ覚悟の日々を過ごしてみたのですが。

気づいてしまいました。

次女の問題は、おねしょをしても濡れたまま朝まで眠れるタイプだということ。

長女の場合、シーツのシワ一つ、パンツのゴムの肌触り一つを気持ち悪いと言い出すタイプなので(このような所はHSC気質だと感じます)おねしょしてしまった時にはもちろんすぐに「気持ち悪い~」と起きていました。
だからか、おねしょも何度か体験すると、夜中でも「おしっこ~」と起きられるようになった気がするのですが。

ズボンもシーツもびちょびょでも、そのまま朝まで眠れる次女。気持ち悪さより眠気。とっても鈍感…。

そんな次女がおねしょをしなくなるのは、もしかして少し時間がかかるのでは…?と懸念している今日この頃。

なので、今は夜中こっそりオムツに履かせ直しています。

朝起きて、「おしっこ、出ちゃった~えへへ」と照れくさそうに笑い(照れるとこじゃない!)
はっ!!としたように「どーちて?濡れてない?」と困惑する姿もまた、可愛いくて吹き出してしまう仕草なのでした。

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。クリックの応援お願いします。↓↓↓

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。