HSPと花粉症と春の色

幼い頃に花粉症と診断されてから

春が辛い季節になった

春に出歩くのはおっくうになった

窓を閉め切った部屋で

早く過ぎ去ってくれることを願った

そんな春をずっと過ごしていたのに

今年は不思議と違っていた

私は春を感じたいと思った

 

 

遠くの山は色とりどりで

鮮やかな花はゆく道々にあふれている

見上げれば

優しい青に柔らかい雲がかたちをつくる

春の匂いはさまざまで

こっちにおいでと誘ってくる

 

知っていたはずだけど

「今ここ」に立って

こんなに春は美しいのだと気づいた

 

できる限りの自分に合った対策をして

外にでたら

うつむいていた時に見えなかった景色が

飛び込んできた

色が

はじけてあふれてうかんでこぼれる

そんな春が

美しくて美しくて

心がふるえた

 

 

花粉症で春をあじわうことは

 

HSPで「今ここ」を生きることに

 

似ていると思った

 

 

 

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。クリックの応援お願いします。↓↓↓

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。