母、高熱でダウンする

先日、久しぶりの高熱で寝込んでしまいました。

子供の病気もつらいけれど、自分が元気でさえいれば、看病できるし病院にも連れて行けるし、ごはんも作れる。

がしかし、自分が倒れてしまった日には、家事のほとんどが滞っていき、子供達が元気であればあるほど、家の中がぐちゃぐちゃに…。

母親になってからの体調不良はほんとにしんどいなーと思います。

さて今回、どうなったかといいますと。

義両親が1泊子供たちを預かってくれることになり、私はゆっくり休むことができたのでした。感謝。

義母が、お母さんの具合が悪いから、じいじばあばのお家に泊まらんね?と2人に確認したところ、長女は悩んだ末に「お母さんが早く良くなるなら…」と了承してくれたとのこと(嬉泣)

次女は、頑なに嫌だと言い張っていたらしいけど、結局コテンと夜眠れたのはやはり次女(笑)

そして、長女は「お母さんがいい~」と泣きながらなんとか眠りについたとのこと。

それでも、2人だけで初のお泊まりが出来たことが、非常に嬉しかったです。

私の方も、(高熱の頭痛で苦しみつつも)数年ぶりの静かな夜を過ごしたのでした。

さて回復し、2日ぶりの保育園へお迎えに行くと、だいたいお迎えが同じ時間になるママさんたちが、声をかけてくれる。

「大丈夫ですか~?お熱が酷かったって長女ちゃんから聞きましたよ~」

「あっ、良くなりました~?お母さん具合悪くて、長女ちゃんたちだけでおばあちゃん家に泊まったって~」

「大変でしたね~長女ちゃんが教えてくれましたよ!」

長女がお友達のママ達に事情を説明していることが判明。

お友達のママに話しかけている長女など、見たことがなかったので、うちの子って話しかけてくるんですか??びっくりして尋ねてみると、

「え~、お母さんいない時、いっつも長女ちゃん、めっちゃ話しかけてくれますよ~」

とのことで、驚く。

新しい一面を知れた、病み上がりの日の出来事でした。

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。クリックの応援お願いします。↓↓↓

 

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。