幸せへの道標

それは

風のように  

止まったり流れたりしていた

 

昔見た写真が

夕陽に染まる空に重なる日もあった

 

昔聞いた言葉が

何年も後にふくらんだりした

 

雨の日に

濡れていても

 

晴れた日に

笑えなくても

 

いつもどこかに道標はあった

 

過去につながる道と

 未来につながる道

どちらを見ながら歩くのか

 

前を向いているようで

後ろを見ているのではないか

 

そう自問自答しながら

目を細めて道標を探す

 

道に迷いそうになるとき

いつもひとりで立っている

 

だけど

本当にひとりだったろうか

 

そばに誰もいなかったことなんて

きっと一度もない

 

 

道標を立ててくれたのは

いつでも私以外の人なのだから

 

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。クリックの応援お願いします。↓↓↓

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。

前の記事

上を向いた日に