目玉焼き争奪戦

 

忙しい朝には、パンか卵かけご飯と決めているのに、なぜかその日は目玉焼きを作ってしまった私。

同じように作ったはずなのに、フライパンの中で2つの目玉焼きが、1つはうっすら膜を張った目玉、もう一つは膜を張らず黄色の鮮やかな目玉になってしまいました。

少々嫌な予感はしましたが、膜を張った目玉を長女、黄色の目玉を次女のお皿に乗せ、朝食の準備。

2人が食卓につき、いただきますと言う姿を見ながら、目玉焼きを見比べたりしないでね~と心の中で祈っていましたが。

祈り届かず、次女が叫びだしました。

長女の膜を張った目玉焼きを指差しながら

「ぴんくのがいいぃぃぃー!!」

「ぴんくがかわいいーーー!」

「きいろいやだぁぁぁぁぁ!!」

一瞬、ピンクって?と不思議に思いましたが、よくよく見れば、膜を張った目玉焼き、サーモンピンク色に見えるような…。

そ、そこまで?というほど泣き叫ぶ次女。

はじめは替えないと言い張っていた長女も、次女のあまりのぐずりように、しぶしぶ替えてくれる…。ありがとう長女よ…。

この場ですでに、かなりのタイムロス。

早く食べておくれ〜。声をかけていると、次女が手を滑らせ、牛乳の入ったコップごと床に落とされる。

床に広がる白の美しい抽象画…。

コップが割れなかったことだけがこれ幸い。

さすがに娘たち、母が爆発するだろうと固唾を飲みこちらを伺っているのがわかる。

こぼしたのは自分で拭く決まりにしているけれど、黙って雑巾をとりにいき、食卓の下を黙々と拭く私。

怒鳴らずにいられた私を誰か褒めてください。

その後食べ終えた2人のお皿には、あんなに揉めた、ピンクと黄色の目玉焼きの黄身だけがポツンと食べ残されており、驚愕する母なのでした……。

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。

クリックの応援お願いします。↓↓↓

 

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。