秋のどんぐり事件

夕方食器を洗っていると、長女が慌てて近寄ってきて、

「おかあさん、次女ちゃんがやってはいけないことをしました!!たいへん!!はやく!」

と呼びにきました。

なんだろ~な~と思いつつ次女のいる部屋へいくと、しょんぼりと立ち尽くす次女。

どうしたとー!?

聞いても次女はだんまり。

かわりに長女が喋りだして、

「鼻にどんぐり入れて取れなくなったって!!」

ええっ?

次女の顔はお鼻が上向きだけど、とてもどんぐりが詰まってるようには見えなかったので、下から覗き込んでみると、奥の方に確かにどんぐりのお尻がかすかにみえて、青ざめてしまいました。

「どんぐり入ったっていうけど、入ってないと思ったけど、よーくみたらどんぐりが見えるのよ!次女ちゃんの鼻のおくに!どうするおかあさん!どうするー!?」

嘘だと思いたかったけど、鼻の上の方を触ると、確かに固く明らかにどんぐりが詰まっている!!

アワアワする長女の横で、母もアワアワ。

ふーんして!

数回ふーん!させるも、出てこず。

次女はかなりショックをうけているらしく、一言も発せず。

鼻に吸い付いてみるか?取れなければ病院?耳鼻科でいいのー?

考えながら何度もふーん!をさせていたら、コロンとどんぐりが出てきてくれて、ホッと一安心…。

出た!出たー!と喜び合う3人。

その後詰まっていた鼻から、白い泡だった鼻水がでていましたが、事なきを得ました。

どんぐりが出てきて、ようやく話ができるようになった次女。

さすがにしゅんとして、もう鼻に物を入れない事を約束してくれました。

そんな秋のヒヤリとしたおはなし。

 

 

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。

クリックの応援お願いします。↓↓↓

 

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。

前の記事

早起きした日には

次の記事

命のかけら