空を仰げば

 

 

朝陽も夕陽も

 

ゆっくりと眺めることはなくなった

 

 

だからいつも私は

 

あおいそらを見ている

 

 

空を仰ぐ場所は

 

だいたいいつも決まっていて

 

 

そこで呟く私の口ぐせを

 

 

娘たちが真似ている

 

 

 

見上げれば天色の空に

 

わたあめを引き伸ばしたような雲が

 

あちこちで広がっていて

 

 

両手がふさがっている今を

 

 

愛おしいと思う

 

 

日々

 

一刻一刻

 

かわりゆく空を

 

 

仰いで吸い込めば

 

ふわりとからだが軽くなる

 

そんな気持ちになれることを

 

知っていて欲しい

 

 

誰にでも

 

人に言えない苦しみや

 

抱えるしかない悲しさが

 

降ってくるのは避けられないけど

 

 

それさえもいつか

 

出会いという名に変わるから

 

 

見上げていれば

 

必ず

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。

クリックの応援がとても励みになります。

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。

前の記事

始まりの時

次の記事

約束の時