HSP母とHSC長女と非HSC次女と ~みんなちがってみんないい~

こんにちは!
【幸せへの道標】ブログ担当 toshi です。
5歳のHSC長女と3歳のHSC次女の子育て真っ最中です。

最近このホームページを運営してくれてるtakeさんと会って話す機会があり、HP開設1周年の日のブログにありました通り、もう少しHSPの話を書くように言われてしまいました(笑)

HSPを知ること

HSPのホームページのブログでありながら、あまりその事に触れずに自分語りをしてきた1年でした。

ただ、そんな中でも、HSP関連の本を読んだり、自己肯定感について考察したり、エッセンシャル思考を取り入れたりしながら過ごした有意義な1年でした。

HSP気質のことを知ったのが約2年前です。そこから、自分の人間としての成長スピードが、少し上がったと思っている私です。

「このままじゃ私はダメだ」
「もっと他の人のように普通にならなくちゃ」
「どうしてこんなに弱いんだろう」
子どもの頃から心の中で唱えてきた言葉があります。

HSP気質を知ってからは・・・

「HSP気質」を知ってから、長年ずっと唱えてきた言葉を、もう唱えずに生きていいのだと、許された気がしました。
ただ、唱え続けた言葉は、私の中で習慣となっていました。
その習慣を打ち消すために

「このままでいい」
「大丈夫」

自分に言い聞かせ、そして我が子に言い聞かせることで自分の癒しにしてきたのだと思います。

世間では、HSP関連の本が増え、メディアでも紹介されるようになり、目につく、耳にする機会は数年前に比べ、ぐんと増えました。
そのことで、その言葉だけが1人歩きしてしまわなければいいなぁと思っています。

みんなちがってみんないい

takeさんのブログでありましたが「私と小鳥と鈴と」は私も好きな金子みすゞさんの詩です。

この中の 「みんなちがってみんないい」
この言葉が、本当は全てなのではないでしょうか。
HSP気質も、ただこの一部なだけなのです。そして「HSPも、みんなちがってみんないい」なのです。
HSP気質は大きく分類した、ただの個性の1つなのだと思っています。

そのような想いがあったため、なかなかHSPやHSCについて語ることができないでいたというのが、正直な気持ちです。

ただ、「みんなちがってみんないい」の世界であれば、おそらく「HSP気質」ということを知らずとも、「生きづらさ」を感じることなく生きられたでしょう。

「HSP気質」があるなら、研究が進み名前をつければまた、他の「〇〇気質」というのもきっとあり、それはそれで別の何かの息苦しさを感じる気質なのかもしれないと思うのです。

HSPで生きづらいと感じていた人(私もです)にとって、「HSP気質を知る」ということが、生き方を楽にするきっかけになることが多くあります。
今、HSP気質の方がたくさんブログを書いていらっしゃいますが、ほとんどの方が、そのようなことを書いておられますね。

優しい盾を手に入れること

「HSP気質」という言葉は、私にとって優しい盾となってくれました。
そこから自分に優しくしよう、肯定していこう、という癒す時間を経て、自分の心を守る術も知ることができました。
守るというのは、じっとしていることではないのですね。
盾を手に入れたことで、進めずにいた場所へ足を踏み入れることができた気がします。

どのように生きれば良いのか、わからずにただ過ごしていました。

「このままの私で、できることはなんだろう」
「私の良さを活かせることってなんだろう」
そんなふうに生き方を考えるようにできるようになったことが、大きい変化であり、すごい事だと思っています。

思うようにはいかない毎日です。

イライラしたり泣いたり怒ったりしながら子育てをしています。

いまここ を楽しみ、自分を知る

それでも私は「HSP気質」を知って自分を生きる事ができるようになりました。
今が一番楽しいのです。

まだまだ、「私なんかがこんなふうに語っていいのかな?」
という気持ちもむくっと出てきますが、そういうのもうやめるんだった!と自分に言い聞かせています。

HSP・HSCは

「みんなちがってみんないい」

この中にある、ひとつの気質です。

特別でもなんでもありません。

大切なのは、自分を知ること、です。

それを踏まえた上での、HSP・HSCについても語るブログにしたいと思います!!

どうぞよろしくお願いします!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

幸せ管理人take
幸せ管理人take
ランキングに参加しています。

クリックの応援がとても励みになります。

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
♧ にほんブログ村


このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。