雨粒が映す景色

雨の日は嫌いだった

雨の日は気分が落ち込んだ

 

だけど雨の日も好きだと思いたかった

雨の日もいいよね、って口にしてた

 

だって雨の日は必要だし

そう思える方がポジティブだし

いい子っぽいし

 

そんなふうに

柔軟な自分を

演じていたかった

だけど

雨の中でも光っている黄色の絨毯があった

 

遠い山々は水墨画のように威厳があって

白い湯気をたてている

 

桜の小さな蕾は雨粒と一緒に景色を映していて

 

雨の中の世界は

初めて見るように美しかった

 

 

これでもう心から

雨の日も好きだと言える

 

 

雨粒の景色を写したくて

濡れても良かった

 

 

きっと

 

雨の日も好きだと言い続けたから

 

こんなふうに思う日が

 

来てくれたんだ

 

 

雨の中の世界に立ちながら

 

そう思った


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!
 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
♧ にほんブログ村


このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。
※ 自己紹介はこちらのページをご覧ください