HSC長女と非HSC次女~ジャイアントカプリコ・カプすけ劇場~

世間はコロナウイルスで自粛ムードですね。

娘たちの通う保育園と、市からもできる限り家庭保育を!との通達がきています。

【幸せへの道標】ブログ担当 toshi です。
5歳のHSC長女と3歳のHSC次女の子育て真っ最中です。

先日仕事が休みで、娘たちと過ごしていました。
とても良い天気なので、お散歩がてら近くのコンビニにおやつを買いに行きました。

そこで子どもたちが手にしたのが、【ジャイアントカプリコ】でした。
コンビニで子どものおやつを買うことが滅多にないので、初めてのお菓子を選び、嬉しそうにしていました。

3時のおやつの時間になり、5歳の長女は簡単にパッケージを開け、ニコニコしていました。

私は3歳の次女のパッケージのツマミをピリピリっと開け、次女に手渡して開けるのを見ていました。
すると、次女が開けたカプリコに、顔が描かれてあったので、
「あははっ、かわいー!顔があるねー」
「長女のは、どんな顔だったー?次女のこんな顔だよー!」
と長女の方を見たのですが、返答なく、だんだんとうつむきはじめ…。

しまった!と思い慌ててパッケージを見るとやはり

「カプすけにあえたらラッキー!」 との文字が!

母はまた知りませんでしたーーー!

胸を張り誇らしげにカプすけを持ち上げる次女と、椅子からくずれ落ち、顔のないカプリコはしっかり握りしめたまま涙を流す長女……。

HSC気質が手伝い、そこまで?というほど落ち込む長女。立ち直りにも時間がかかります。

HSCについて

次女は勝ち誇って喜ぶし、しかも今回は私もラッキーシステムに気づかずに喜んでしまったので、落ち込みが倍増されてしまいました。

逆に、カプすけが出たのが長女だった場合、次女も落ち込む…というか怒りますが、長女は次女をなぐさめるのですぐ収まってくれるのですが(笑)

なぜか、次女が当たりを引く率が高いのも不思議なところです。

楽しい3時の時間が、長女の悲劇となったジャイアントカプリコカプすけ事件でした。

以前の悲劇【プリキュアグミ劇場】も良かったら読んで下さいね!

ハラハラドキドキおやつタイム


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
? にほんブログ村


このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。
※ 自己紹介はこちらのページをご覧ください