HSPと非HSPを比べてみた!~【DOES】番外編 


こんにちは!幸せへの道標HP運営者・takeです。
【HSP】DOESのについて語るシリーズ「HSP 4つの特性 DOES」【D】【O】【E】【S】を HSP気質のtoshiさんとLINE風に書いてきました。

【HSP】DOESの「D」~考え方が複雑で深く考えてから行動する について語る

【HSP】DOESの「O」~刺激に敏感で疲れやすい について語る

【HSP】DOESの「E」~人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい について語る

【HSP】DOESの「S」~あらゆる感覚がするどい について語る

HSP 4つの特性「DOES(ダズ)」

DOSEとはHSP(HSC)の気質である4つの面の頭文字を取って名付けられている基準の事。

・A  とても良く当てはまる     2.5点
・B  時と場合によって当てはまる  1点
・C  あまり当てはまらない       0点

各項目10✖4=40問 満点で100点になるようにしました!!

少し面白い結果になりました。
toshiさんの合計点数は72.5点。私は33点

内訳は といいますと
toshi   D17.5 O22 E14 S19  で合計の点数は 72.5点です。
take    D14    O 5  E11 S3 で、合計点数は 33点でした。

 

toshi(内訳)   A23 B15 C 2 です。

take (内訳)    A6 B18 C16  でした。

HSPのtoshiさんは、ひし形みたいな、ある意味バランス良い形です。

非HSPの私takeはDとEは、toshiさんに、まぁまぁ近いところにいますが、OとS の点数がとても低いので縦ダイヤ型になっていますね。

O と S が二人は決定的に違うということですねー。
being easily Overstimulated:過剰に刺激を受けやすい
being aware of Subtle Stimuli:ささいな刺激を察知する、あらゆる感覚が鋭い

ささいな刺激を察知したり、受けやすかったりする感覚が、鋭いかどうか?ってところでしょうか。

逆に点数が近かった2つ D と E とはなにか?
Depth of processing:深く処理する
being both Emotionally reactive generally and havinng high Empathy in particular:全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い

物事を深く処理(思考)したり、感情の反応が強く共感力も高い ところは近いということですね。

だから、どうなのかということは全くわかりません(笑)
おそらく60点以上くらいが、HSPと非HSPの境界線になるんではないかなーと・・・。
60点以上で、1つの面(特性)が最低13点以上は必要とかかなぁー。
toshiさん【E】が14点だったもんね。ここらがボーダーかな。
もう少し改良を重ねるとDOESチェックテストも、一般受けするかもしれませんね。
もうちょっとじっくり見て考えてみまーす(^_-)-☆


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
♧ にほんブログ村