こんなお母さんが良かった

 

 

昨夜、なにがきっかけだったのかわからないけど、機嫌を損ねている長女。

 

 

もうお母さんいやだ、キライ!とふてくされている。

 

お布団での絵本タイムまでに、夕飯の片付けやら何やらを終わらせてしまいたいのは、母の都合。

 

「ちょっとまって」

「あとで」

 

を駆使して、ようやく本日最後のイベント。

 

布団の上で、長女の分と、次女の分の絵本を読みおえる。

 

はぁ、終わった、今日が

 

両腕に丸い頭をぎゅーっと抱えて、おやすみを言うと、長女が恨めしそうに見上げてくる。

 

 

「お母さん、もっと違うお母さんが良かった」

 

吹き出すのをこらえて、そうかー、じゃあ、どんなお母さんが良かった?と聞いてみる。

 

「あのね、手伝ってって言ったらね、忙しいかも知れんけど、すぐ手伝ってくれるお母さんが良かった」 

 

「それから、もっと優しいお母さんが良かった」

 

「呼んだらちょっとまってって言わんで、すぐ来てくれるお母さんが良かった」

 

「もっと美味しいご飯作ってくれるお母さんが良かった」

 

「髪の毛結ぶの上手で、編み込みでカチューシャができるお母さんが良かった」

 

「髪が長くてかわいいお母さんが良かった」

 

そっか〜そうよねぇ、そんなお母さんじゃなくてごめんねぇ。

 

ぎゅーっと抱きしめてると

 

「お母さんは、どんな○○(自分の名前)がよかった?」

 

と言ってくる。

 

あのね〜お母さんねぇ、いっつもあなたのこと怒ったりするけどね、本当はねぇ、そのままのあなたがだぁ〜い好きなんよーー!!

 

長女はしばらくして、優しい声で応えてくれた。

 

ありがとう、お母さん」

 

 

外では我慢しすぎる娘だから

 

私には、色んなことを口に出してくれていい

 

 

あなたの望むようなお母さんには、一生なれないだろうけど

 

 

あなたを1番好きなのは

 

このお母さん

 

自信を持って伝えられるのは

 

ただそれだけ

 

 


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!

 人気ブログランキングへ

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。
※ 自己紹介はこちらのページをご覧ください