飛行機に乗って

 

 

バタバタと入り込んだ部屋の

窓が思ったより大きかった

そんなことに

気がつく程に落ち着いたら

 

梅雨だというのに

水色と白い綿雲がなびいていて

空の面積が広くて

なんだかほっとした

 

 

窓を開けようとして

ガチャリと10センチ程でロックがかかり

病院なのだと思い知る

ほんの隙間の風を入れながら

 

空見て~キレイだよ~

 

とベッドの娘に声をかけると

微かに頷き

「飛行機に乗ってるみたい」

 

 

娘からは空しか見えなくて

浮いて飛んでいるような感じなんだろう

 

 

私も同じ目線で

その飛行機に乗り込んだ

 

 

2人で過ごす貴重な時間

 

こんな旅行もあっていい

 

塗り絵やシールや折り紙を

 

たくさんおみやげにして家に帰ろう

 


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!

 人気ブログランキングへ

このBLOG記事を書いた人

toshi
toshi
「HSP」を知ることは、自分を知ることでした。自分の本当の気持ちに気付いて受け入れていくことが、幸せへの一歩だと思っています。そんな道の途中の日記です。
※ 自己紹介はこちらのページをご覧ください

前の記事

その宇宙は