HSPを自覚する事で「生き方・考え方」は変わる

❤ 生きづらさを解消する3つのステップ

■知ること(HSPであることへの自覚)

・日々「ふりかえる」クセをつけること
・どんな時・場所どんなシーンで動揺するのか
・敏感になってしまう時の記録をメモに残して積み重ね、パターンの対象と傾向を知る

■対応する

・準備として、マイナスの刺激をブロックする!
シーンの中で敏感さを感じる犯人を特定し避ける
・自分の心と体を労るセルフケアを意識的に行う
・マイナス感情の処理法、疲労感を和らげる方法
(自分を大事にする習慣をつけよう)
・睡眠,入浴,アロマセラピー,ヨガ,ストレッチ
(ストレスや敏感さの疲労感を和らげる方法)

■心構え

・変わりたくない自分、変わることへの不安を少しずつ減らす習慣をつくる
・自己否定、自己評価の低さが「幸せになる資格はない」という意識になる
・自分と向き合い信頼できる人と共に「生きづらさを捨てる」と覚悟を決める事

★ やめるべき考え方

・自分の中の「いい子」をやめる
・本音や本心を隠した「いい子にならない」練習を!
・何かを頼まれた時も無理な時は「ごめん、できません」と断ってみる
・自分を責めない,自己否定しない,自分の弱さを認める
・自分の中にある殻を外す新しい自分を再生自分を変えるハジマリになる(焦らない)
自己肯定感を持つ境界線自己主張出来る相手の弱さ認める他者も肯定できる

自己肯定感を育て直すのに必要な3つの事

♡肯定的な言葉をかけてくれる人との継続的な会話をすること
♡自分を認めてくれる人を一人でもいいから見つけること
♡日記、ブログ等で自分自身に肯定的な言葉をかけていくこと人と比べるのではなく以前の自分(1か月前、1年前の自分とか)と比較すると前向きになりやすい。その為にも信頼できる人と会話し、自分の口から言葉に出しそれを自分の耳で聞く事で感情の整理整頓ができ、自分は何を一番ネックに思っているのか、何がつらいのかがストンとわかってくるようになる。
自己肯定感とは、信頼できる人や自分のブログ等で語り続けることで「いいところも苦手なところも含めてそのままでいいんだよ」と繰り返すことで高まっていくのです。

♠ 大事にすべき習慣や行動

・プラス思考よりも、プラスの感情やプラスの感覚を大切にする
(楽しい、嬉しい、喜ばしい感情)(快い、スッキリ、気持ち良い感覚
・「すべき思考」という真面目ブロックを外し感情や感覚、直感を大事に行動する

● 自分への「すべき思考」を手放す

HSPは過去の経験に照らして現在の危機を敏感にキャッチする不安の神経回路が発達しているので、小さな頃から「失敗したら駄目」といういわゆる「一番病」になりやすい。人と同じ様に出来ない自分の不安を隠そうとして、完璧を目指して頑張りすぎるクセもついています。ありのままの自分でいられず、こんな自分はダメだと責め、「本当はこうしたい、こうありたい」という本音を許せずに抑圧して、こうあらねばという「すべき思考」に陥ってしまう。不機嫌な時、頭の中は「すべき思考」で支配されています。不機嫌になる時に目につくのは、相手の対しての「すべき思考」です。「相手はこうであるべきなのに違う」ので不機嫌になるのです。

そんな時には自分に対する「すべき思考」も必ずあるということです。例えば「家族が勝手なことをする。家族だから言う事を聞くべき」という「すべき思考」にもなってしまう。しかし、自分に対しても「私の言うことを聞いてもらい、もっとよい家庭を作るべき」という「すべき思考」に陥っており、うまくいかないので、だんだん不機嫌になる。
HSPは真面目で責任感が強く、完璧にしようと頑張りすぎてしまうのです。不機嫌にならない為の工夫として、一番に言えることは「自分を大切にすること」「自分をいたわること」です。相手を変えることはできませんが、自分の心を解放することはできます。

キーワードは「今はこれでよい」
自分の頭で作り上げた「すべき思考」と現実がずれていると不機嫌になるわけですから、「今はこれでよい」がキーワードになるのです。普段から自分について「今はこれでよい」と思えていれば、不機嫌になることも減ってくると思います。自分に対して寛大になれる人は(自己を正当化するのではなく、自分の事情をくんであげられること)、他人に対しても寛大になれるのです。

・負の感情(怒ったり不機嫌な人)を抱えている人は避け、距離を置くというのもとてもよい。
・自分を責める心や自分を罰する心を認め、それを許す。
・不機嫌になったら「すべき思考」に陥っていないか考えてみよう。