HSP・HSC に関するワード

       や,ら,わ


HSPとは?HSCとは? 生きづらさとは?自己肯定感とは?・・・・
自分にも当てはまる?わが子がそうかも?もっと知りたい・・・。
知らない事は知ればいいのです。ネットもあれば本もたくさん今では出ています。

でも時間が掛かりますよね。「まとめ集」みたいなのがあったらいいなと思いました。
素人なので身の程を考え「HSPの入り口にいる人の為」の「まとめキーワード集」を作りました!

HSP(HSC)を勉強し始めたら出てくる「キーワード」を集めていきます。
そのキーワードに関して書いてある良さげなBLOG(HP)もランダムにリンクしています。
少しでも【HSP】【HSC】を知る為の「はじめの一歩」になりますように・・・。

HSP・HSC キーワード辞典【か行】

【か】外向型 会話が苦手 覚悟をする 家族 過大評価 価値観 学校 過保護 かんしゃく 環境 頑固 感受性 感情移入 感動 完璧主義

【き】機嫌 規則正しい 吃音(吃り) 気分転換 逆ギレ キャパオーバー 休憩 休息 共感 境界線(バウンダリー) 共感覚 共感性 緊張

【く】空腹 クールダウン 愚痴

【け】警戒心 喧嘩

【こ】交際 行動活性(アクセル) 行動抑制(ブレーキ) 興奮 五感 心の準備 個性 子育て こだわり 子離れ コミュニケーション 孤立 怖い夢 コントロール

HSP&HSC ワード辞典に戻る

か行(か~こ)のHSPワード

全ての言葉の前後に【HSP(HSC)】をつけて・・・
(HSP&HSC)+〇〇でグーグル検索して探す

 

外向型

私は、外向型タイプの性格であること、またそれを心から楽しめるのが「優れた人」だと思っていました。しかし実際は、外向型の特徴の方が優れているわけではありません。

会話が苦手

HSP傾向のある方で、「会話が苦手」と感じている方はいませんか?相手の反応が気になる故に、会話に苦手意識をもってしまうのもHSPの悩みとしてありがちです。

覚悟をする

人と違う子を育てるときには、人と違う親になる覚悟が必要。

家族

敏感で繊細、感受性が高いHSCの子育てでは、子どもの気質を把握し、その子(家族)に合った対応策を掴むことで空回りや悪循環、落胆を少なくすることができます。

過大評価

明石家さんまさんに、こんな名言があります。俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。

なのろーぐ。
【ゆるっと】完璧主義終了のお知らせ【いこうぜ】|なのろーぐ。
https://nanolooog.com/hsp-kanpekisyugisyuuryou
HSP関連の本を色々読んだり、HSPの人たちとお会いしたわたしなりのデータベースから、HSPの人には完璧主義な

価値観

現代は同調圧力がシビアになっていて、価値観が画一化して同じものさしで測られるようになっているので、HSCの生きづらさが増している時代かもしれません。

学校

では、いったい、学校の何がHSCにとって負担であり、過酷なのでしょうか。親としてはとても気になるところですが、実は子ども本人もその理由がわからず言葉にできないことも多くあります。

過保護

HSPは、親からあれこれチャレンジするよう強いられて、ストレスを抱え、居心地の悪い経験をした人が多いので、反動で子どもに過保護になる可能性が大きくなる。

かんしゃく

敏感なため過剰に刺激を受けやすく傷付きやすい性格ですが、子どもなのでうまく表現できずに癇癪となって現れているようです。

環境

ただ環境の影響を通常よりも繊細に受けやすいので、本人や周囲の人が肯定的に受け止め、その気質を認めてあげる環境で過ごすことが大切なのです。


HSPは環境の変化があまり得意ではなく、我慢も無理もしがちだと思います。だから、選択肢に逃げることがあったほうがいい、無理な環境で頑張りすぎて壊れてしまうくらいなら、逃げることは本当役に立つと、身をもって感じています。

頑固

基本的にストレスを溜めないためには「〜すべき」「〜しないとダメ」「絶対に」といった、完璧主義や頑固さを表す言葉を捨てて、心に余裕を持たせるために目標や行動のハードルを少し下げることが大切です。

感受性

少し心配性で感受性が豊か?なイメージのtoshiさんでしたから彼女も周囲に気を使っていたのですね。


感受性が強い人は、周囲の影響を受けやすい人が多いです。その為、鈍感な人よりも周囲の発言や行動に敏感に察知します。

感情移入

・感動的な場面→泣く、悲しい場面→泣く、幸せな場面→泣く。凶悪な事件のニュース→泣く

・小説や音楽に感情移入しすぎて何日も無気力状態になる

感動

音楽,絵,小説,詩,映画等に感動する才能の持ち主。(感動する度に内面の世界は豊かに深みを増す)


芸術や自然に深く感動する

完璧主義

だからこそ、HSPの人は、仕事において完璧主義になりがちで、疲れやすい傾向にあるといわれています。

機嫌

長女は産まれた時から、いつも機嫌が悪かったです。ずっと抱っこかおんぶ、それでも泣き続ける。寝かしつけも抱っこかおんぶ。布団に下ろすとすぐ起きる。少しの物音ですぐ起きる。

HSPは相手の気持ちやその場の空気を敏感に感じ取ります。会社に入った時「ん?なんか今日**さん機嫌が悪そう。近寄りがたいな…」とか。

規則正しい

朝は日光を浴び、規則正しい生活を送るというのも体を整えます。

吃音(吃り)

子供時代でも20人に1人。大人になると100人に1人。(100人の内4人は治ったということでしょうか)私は今でも、たまに吃りますが子供時代ほどではないので、100人に4人の治った方に入ると思います。

気分転換

つまり、HSPが非HSPで外向型の人と同じようなアクティブなストレス解消法を実践しても、疲れが取れない、もしくは逆に疲れが増幅してしまうこともあるのです。気分転換とストレスの処理は別物。

逆ギレ

もちろんそれで変われずに逆ギレするような人は、さっさと手を切りましょう!短い人生、そんな人に囚われている時間がもったいないですよ!

キャパオーバー

誰が何に困っているのか察しやすいので、気が利くとは言われる。頼まれたら断りづらい。そしてキャパオーバーになって突然スイッチオフ。

休憩

些細な刺激も深く処理する脳を持っている。そのため、脳疲労を起こしやすい。体力的には疲れていなくても、頭の回転がついてこなくなる。休憩するときは、静かな場所で1人でぼーっとしたくなるの。会話や雑音などの刺激を完全にシャットアウトする必要があるんだね。

休息

そうなる前に、多すぎる情報から自ら離れ、リラックスして体を休めることが必要なのであり、それは「引きこもり」ではなく、いわば自分自身を取り戻す「休息時間」でしょう。

共感

そして、子どもに自己肯定感を育みたいと思いながらそばにいること、共感したり、ほめたり、甘えさせたり、認めたり、ただ笑い合っているだけでも、自分の低かった自己肯定感が、満たされていく気がしています。


女性は、自分に合った環境に身を置くことで、ようやく「他人が見過ごしそうなことに気付く」という自分の敏感さを、認められるようになったのです。漫画に対し、ネット上では共感の声が相次いでいます。

境界線(バウンダリー)

そんなことは頭ではわかっているのですが、何となく人の気持ちを察する、感じてしまう自分は、確かに人との境界線は薄く、影響も受けやすく、何が自分の気持ちなのかわからなくなることがありました。


生きづらさには、他者との境界線の薄さが大きく関係していると思います。境界線とは、「自分と他人は違う」という線引き。この境界線がうまく育たないと、他人を優先しすぎてしんどくなってしまうんですよね。しかし、もともと持っている境界線の厚さに違いはあれど、境界線は育てることができます・・!

共感覚

共感覚者は、色に対するこだわりが強いとも言われています。その感性を活かして、芸術家として活躍する人も多い。あの宮沢賢治も共感覚者で、「音楽を聴くとその情景が見える」と語ったとされています。

共感性

思考の瞬発力が試されますが、他人の気持ちが分かる共感性の高さなどであらゆる感情や状況に振り回され、結論を出すまでに時間がかかってしまいます。選択肢がいくつも浮かんできてしまうのです。

緊張

HSPの私は今でも、初対面の人を前にしたり、大人数の人を前にしたりすると、緊張で手が震えます。 一方で、「自分のペースをつくる」ことができるようになってから、手が震えながらも、自分の話したいことが話せるようになりました。

空腹

空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

クールダウン

休みの日に、気分転換に外出? NO,NO!  そんなことしても、神経の高ぶりは治りません。かえって悪化します。まずは刺激をシャットダウンして、クールダウンすることは必須です。

愚痴

愚痴の上手な吐き方・処理の仕方は自分を守り、人間関係を良好に保つことに直結する。娘のために色々愚痴対策を考えてみたが、HSPの私にも役立ち、自分の糧になった。

警戒心

1年前にインターネットでHSCを知り、長男のことだと確信しました。長男は警戒心や不安が強く、1~2歳の頃は児童館でも母親から離れず、友だちが近づくと泣き出してしまいます。

喧嘩

私もHSP内向型の気質なのでよくわかります。友人や恋人との喧嘩の場面で、『怒り』の感情が湧き出ると冷静ではいられなくなります。

交際

交際の発展に比例した「途方もないわがまま」は増長しがちである

行動活性(アクセル)

人間の脳内には、「行動制御システム」(ブレーキ)と「行動活性システム」(アクセル)が装備されています。HSPは「行動制御システム」(ブレーキ)が人に比べて活発なのが特徴ですが、HSS型HSPは、それに加えて「行動活性システム」(アクセル)も非常に活発です。

行動抑制(ブレーキ)

行動活性システムは、いわばアクセルの働きをし、行動抑制システムはブレーキの働きをします。つまり、行動活性のほうはやる気の回路、行動抑制のほうは不安の回路です。

興奮

HSPの脳はもともと興奮しやすい HSPは非HSPの人とくらべて、もともと脳内の神経系統が高ぶりやすい傾向にあります。

五感

最初に、「HSPで疲れやすい人は五感別に刺激をシャットアウトできるようになった方がいい」というお話をします。

心の準備

誕生日会、運動会、発表会など、人前での発表などのイベントがあるときは、前もって予定を伝えておくと心の準備ができます。出来るだけ具体的に、写真や絵で説明したり、実際に本番と同じ場所でリハーサルをしたりすると伝わりやすいですね。

個性

HSCの子どもは、勉強や運動が苦手な場合が多く、それゆえ自分に自信が持てない子がたくさんいます。しかし現在は、文字や数字の勉強が得意でなくても個性を尊重してよい面を伸ばしてくれる習い事や学校など、活躍できる場がたくさんあります。

子育て

子育て中は特に、意識して自分の時間を持つことは大事だと思っています。


プライベートでは、ちょっと敏感な心と体を持つ二人の子どものママでもあります。日々の子育ての様子を楽しい4コマ漫画とエッセーでお伝えします。

こだわり

長女がHSC気質なのかどうか、本当の所はわからないと思ってはいるのですが、1番強くそう感じる部分を書いてみます。それは、着るものや布団へのこだわりの強さです。


気質の人にとって、こだわりとは安心感であり、自分のストレスから身を守る防御みたいなものだ。

子離れ

思春期になるとHSCも大胆な行動を見せるようになるが、プライバシーを守りつつ、自立を促していくことが大切になる。自分の世界をしっかり持ててこそ、大人への第一歩は踏み出せるようになる。 また、青年期には子どもの自立のため、親も子離れをしなければならない。

コミュニケーション

HSPの研究はまだ浅いのですが、特徴を踏まえたうえで、以下のような点に気をつけたコミュニケーションをとることをお勧めします。

孤立

自己肯定感が低くなっているときのセルフケアと、孤立しないための方法。

怖い夢

怖い夢ばっかり見るから寝たくない、というお子さんを、私も何人も診ています。悪夢というのは、つらいものでもあるのですが、精神医学的にいうと、夢は心のストレスのはけ口というか、出口の一つなのです。

コントロール

HSP気質の方は不器用な人が多く感情コントロールが上手でない人が多いです。

 


HSPワード
あ行
【あ】赤ちゃん返り  甘やかし

【い】いい子をやめる 生きづらさ 生き残りの戦略 意識の座・島皮質 いじめ 一貫性 遺伝 今ここ

【う】嘘がきらい 内気 うつ病

【え】HSCの子ども HSC気質 HSPの母親 HSP気質 HSS 笑顔 エンパス

【お】音に敏感 驚き お守り 音楽に感動

か行

【か】外向型 会話が苦手 覚悟をする 家族 過大評価 価値観 学校 過保護 かんしゃく 環境 頑固 感受性 感情移入 感動 完璧主義

【き】機嫌 規則正しい 吃音(吃り) 気分転換 逆ギレ キャパオーバー 休憩 休息 共感 境界線(バウンダリー) 共感覚 共感性 緊張

【く】空腹 クールダウン 愚痴

【け】警戒心 喧嘩

【こ】交際 行動活性(アクセル) 行動抑制(ブレーキ) 興奮 五感 心の準備 個性 子育て こだわり 子離れ コミュニケーション 孤立 怖い夢 コントロール

さ行

【さ】罪悪感 サプライズ

【し】叱り方 時間がかかる 刺激 自己関連付け 自己抑制 自己嫌悪 自己肯定感 自己否定感 躾(しつけ) 失敗 習慣 集団 障害 少数派 冗談 承認欲求 情報処理 職場 知ること 深呼吸 信じる 慎重 親友

【す】睡眠 スキンシップ ストレス スピリチュアル スモールステップ

【せ】正義感 成功体験 誠実 背中を押す セルフケア 繊細 先生 全面否定

【そ】想像力 育て方 育てにくい

た行

【た】体験 大胆 第六感 ダウンタイム(休憩) 抱きしめる DOES(ダズ) 食べもの

【ち】チャレンジ

【つ】疲れる 伝え方

【と】同調 動揺 読書 友達 トリセツ

な行

【な】内向的 泣く 習い事

【に】におい 逃げ場所 逃げ道 二者択一 日記を書く 忍耐力 人間関係

【ね】ネガティブ

【の】 脳科学

は行

【は】バウンダリー(境界線) 吐き出す ハグ 恥ずかしがり屋 肌触り バランス

【ひ】非HSC  ひとりの時間 人混みが苦手 人見知りする 敏感

【ふ】不機嫌 不登校 不満 プライド

【へ】平和主義 べき思考

【ほ】保育園 ポジティブ 褒める

ま行

【ま】マイナス思考 マイ・ルーティン マイルール

【み】味覚 味方 ミラーニューロン

【め】メンタル

【も】妄想

やらわ行

【ゆ】優先順位 ユーモア

【よ】予行練習

【り】リフレーミング 良心的 リラックス

【れ】劣等感 恋愛

【ろ】ロングスリーパー

【わ】わがまま